伝統名酒 南郷

南郷(なんごう) の由来

仕込み作業 南北朝時代、当地方(福島県東白川郡)を南郷と呼びました。
陸奥への主要道のひとつである水戸と郡山を結ぶ旧茨城街道沿いの奥州最南端の地に位置し、気候温暖で人情細やかな山辺の里から「みなみのさと」、なんごうと命名しました。 
仕込水 創業天保四年(西暦1833年)以来、百七十余年、風土の特色であるおだやかな酒と品質本意をモットーに名勝地 東北の耶馬渓 矢祭山を擁する清流 久慈川の伏流水を使い、伝統的な酒造りの手法がいまもなお受け継がれています。人手が必要と思われるところは、あえて機械化せず丁寧に酒を造ることを心がけております。
酒は全般的に淡麗辛口で、口当たりがよいのが特徴です。特に久慈川でとれた鮎をつつきながら、ぬる燗を飲ればスルスルと際限なくのどを通します。

 

特別純米酒 葛飾の花 販売開始